知っておこう!良い睡眠ってなに?

良い睡眠とは深い睡眠が多く浅い睡眠で起床すること

睡眠は体中の力を抜いた極限のリラックス状態であり、この状態に入ると1日に脳にかかった負担が回復するため自律神経が整います。さらに睡眠中に副交感神経によって動く細胞が活動を開始して、その日に溜まった疲労物質の分解や細胞の再生を行なうので疲労回復や怪我の修復そして皮膚の再生などが行なわれるのです。この一連の流れから健康の観点から睡眠が大事といわれていますが、ただ睡眠が大事といっても良い睡眠が取れていると感じている人は統計では意外に少ないことが分かっています。良い睡眠と悪い睡眠の違いは分かりづらいですが、最も分かりやすい形としては翌朝起きたときに寝たりないと感じたときや起きる時間よりも前に何度も目覚めてしまうときがあるのかです。これらの事が起きず、自身が起床したい時間にスムーズに起きられたときが良い睡眠の答えになります。

良い睡眠にするにはどうすればいいのか

睡眠は深い睡眠と浅い睡眠が交互に起きるのが良い睡眠ですが、悪い睡眠は深い眠り少なく脳が浅い眠りの数が多くなっている状態です。それでは脳に十分な酸素が送られないので、悪い睡眠で多い寝たりないや中途覚醒が起きます。良い睡眠にするにはどうすればいいのか、それは事前準備が欠かせないです。まず寝る前10分から30分前にはテレビやパソコンなどの強い光を避けて薄暗い光にし、脳に睡眠に入ることを察知させ、その上でリラックスできる軽いストレッチか読書を行い眠気を呼び覚まします。そして眠気が出たら、完全に消灯し目を瞑ります。ただ日ごろストレスを感じている人の場合には、この一連の行動だけでは上手くいかないことが多いです。その場合には市販されている睡眠サプリを飲みます。睡眠サプリは脳内物質の沈静をつかさどる物質を作るのに役に立つため、ストレスで神経が荒立っている人にお勧めです。

グリシンとはアミノ酸の一種で、タンパク質を構成する働きがあります。グリシンを摂取することで睡眠の質を高めると話題です。